Return to site

MAYA初級講座 mental rayについて

3DCGソフトMAYAを勉強しはじめた初心者を応援するブログです

· MAYA初級講座,mental ray

どうも秋山です。

ブレードランナー2049やっと観れた~ しかもTHXで。完全覚醒して悟りを開いた人って、一喜一憂しないレプリカントみたいになるのかな~なんて思って観てました。

では、MAYAの学習を始めましょう!

mental rayについて

mental ray(メンタルレイ)は、レンダリングするためのソフトです。

レンダリングするためのソフトをレンダラと言います。

レンダリングという言葉自体がまだわからないかもしれませんね。でも、とりあえずこのまま進めてください。

元は、mental rayは、MAYAとは別のソフトでしたが、MAYAのプラグイン(追加ソフト)として使えるようになっています。

mental rayは、MAYAの純正レンダラ(MAYA Software レンダラ)よりも、とても高機能です。

間接照明を表現したり、物理的により正確な材質(マテリアル)を扱うことができます。

今後、MAYAでレンダリングする作品を制作する時は、mental rayでレンダリングするようにしてください。

ちなみに、MAYA2018では、mental rayがarnoldという別のレンダラに変更になりました。それについては、はまた別の機会に書きますね。

普段、学校で教えていると「mental rayがないんですけど~」という学生からの質問があまりにも多いので、mental rayをロードする手順だけ、ここで学んでおいてくださいね。

あと、この章では、mental rayをインストールする方法については触れていません。それは自分で調べてくださいね~ どうしてもインストールできなくて苦戦している人は、直接お問い合わせくださいませ~

mental rayをロードする

この章では、mental rayを使用する準備をしようと思います。

Windows→Settings/Preferences→Plug-in Managerを実行してください。

Windows→Settings/Preferences→Plug-in Manager

Plug-in Managerが、表示されました。

Plug-in Managerは、既にインストールされているプラグインを使うかどうか設定するところです。

Mayatomr.mllというプラグインを探してください。

Loadedと、Auto loadにチェックがあるか確認してください。

ここにチェックがあれば、mental rayを使うことができます。

もし、チェックが無い場合は、チェックを入れてください。

Windows→Settings/Preferences→Plug-in Manager

Windows→Rendering Editors→Render Settingsを実行して、Render Settingsウィンドウを表示してください。

または、UI右上にあるアイコンボタンを押して、Render Settingsウィンドウを表示してください。

次の画は、MAYA2015のRender Settingsボタンです。

MAYA2015のRender Settingsボタン

次の画は、MAYA2016のRender Settingsボタンです。

MAYA2016のRender Settingsボタン

Render SettingsのRender using欄でmental rayを選択してください。

もし、Plug-in Managerでロードしていない場合は、ここに、mental rayが表示されなくなってしまいます。

MAYA Render Settings

注意!

事前に、Plug-in Managerでロードしていても、Render Settingsでmental rayが表示されなくなっていることが、よくあります。

そういう場合は、もう一度、Plug-in Managerでロードしてください。

「mental rayがないのですが~」という質問をする学生が毎年数人いるんですね。質問する前に、自分でPlug-in Managerを確認しましょう!

ちなみに、Render Settingsは、MAYAのバージョンによって、mental rayのタブの表示が変わっています。

今は、特に気にしないでください。

次の画は、MAYA2015のものです。

MAYA Render Settings

次の画は、MAYA2016のものです。

MAYA Render Settings

mental rayの計算精度の設定について

mental rayは、年々進化しています。

MAYA2016では、mental rayが大きく進化しました。

計算方法が変わったので、設定のボタンも変更になっています。

この章では、mental rayの計算精度について、難しいことは無しにして設定だけしようと思います。

テストレンダリングではなくて、完成作品として仕上げる時には、Productionという設定にします。

mental rayの計算精度は、ウィンドウ上部のメニューのプリセットで設定します。

Render SettingsのメニューのPresets→Load Preset→Productionを実行して、設定してください。

MAYA mental rayの計算精度

mental rayについて まとめ

mental rayをロードするには

Windows→Settings/Preferences→Plug-in Managerを実行してください。

Mayatomr.mllのLoadedと、Auto loadにチェックを入れてください。

mental rayの計算精度の設定について

Render SettingsのメニューのPresets→Load Preset→Productionを実行して、設定してください。

今回はここまでです。

よくがんばりました。

お疲れさまでした。

もし、もっとまとめて学習を進めたいという人は、ご相談ください。家庭教師や事務所での研修も受け付けておりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK