Return to site

MAYA初級講座 ポリゴンフェースを分割する⑤

3DCGソフトMAYAを勉強しはじめた初心者を応援するブログです

· MAYA初級講座,ポリゴンフェースを分割する

どうも秋山です。

カレーがきたらすぐにがっついてしまって、トッピング用の半熟卵が来ていたのに、のせるのを忘れたまま完食してしまいました。好物を前にすると我を忘れてしまいますな。半熟卵はあとでおいしくいただきました。

では、MAYAの学習を始めましょう!

スパッと分割する

次の画のように、Multi-Cutを使用してフェースをスライスしようと思います。

MAYA Multi-Cut

スライスするというのは、スパッと切る感じです。

File→New Sceneを実行して、MAYAを新規シーンにしてください。もし、Warningが表示されたら、Don’t Saveボタンを押してくださいね。

Create→Polygon Primitives→Cubeを実行してください(pCube1)

Shiftキーを押しながら、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Multi-Cutを実行してください。

MAYA2015では、Multi-Cut Toolと表示されます。

MAYA2014では、マーキングメニューにMulti-Cutが表示されません。ModelingToolkitウィンドウのMulti-Cutボタンを押してください。

MAYA Multi-Cut

pCube1の右と左のちょっと離れたところにLMBクリックしてください。

左右どちらからでもいいです。

赤い点が作成されました。

この赤い点のことをスライスポイントと言います。

赤いラインは、スライスプレビューラインと言います。

でも、名前は特に覚えなくていいです。

MAYA Multi-Cut スライスポイント

スライスポイントをLMBでドラッグしてみてください。

スライスポイントの位置を編集することができます。

ビューの任意の位置でMMBでドラッグしてみてください。

ラインを平行移動させることができます。

MAYA Multi-Cut スライスポイント

Alt+LMB、Alt+MMB、ALT+RMBでビューの視点を変えてみてください。

このように、オブジェクトとラインの位置関係を編集することもできます。

MAYA Multi-Cut スライスポイント

任意の位置で、RMB(右マウスボタン)をクリックしてください。

フェースをスライスすることができました。

MAYA2014の場合は、Enterキーを押してスライスしてください。

RMBでのスライスの確定は、MAYA2015からなんです。

カーソルは、まだMulti-Cutが有効のままです。

いったんMulti-Cutを終了しようと思います。

MAYA2016の場合は、qキーを押してください。

MAYA2015以前では、tキーの後、qキーを押して終了してください。

終了したら、オブジェクトモードで選択してください。

MAYA Multi-Cut

frontビューにしてください。

再びMulti-Cutを実行してください。

スライスポイントをpCube1の左右に作成してください。

Shiftキーを押しながらスライスポイントをLMBでドラッグしてみてください。

水平、垂直、または、10度ずつ斜めにスナップして移動させることができました。

任意の位置で、RMB(右マウスボタン)をクリックしてください。

フェースをスライスすることができました。

MAYA Multi-Cut スライスポイント

MAYA2014の場合は、Enterキーを押してスライスしてください。

Multi-Cutを終了させないで、続けてスライスポイントをpCube1の左右に作成してください。

Shiftキーを押しながらスライスポイントをLMBでドラッグしてみてください。

ぴったり45度の角度にしたいのですが、できませんね。

それは、スナップの設定が10度ずつになっているからです。

スナップの設定を編集しようと思います。

UI右上にいくつかボタンが並んでいると思います。MAYAのバージョンによっては4つ並んでいたり、5つ並んでいるバージョンもあります。そのボタンの内、一番左のボタンをオンにしてください。

ModelingToolkitウィンドウが表示されました。

次の画は、MAYA2016のものです。

MAYA Modeling Toolkit

次の画は、MAYA2015のものです。

MAYA Modeling Toolkit

Multi-Cutがオンになっていると思います。

もし、なっていない場合は、ボタンを押してください。

Snap Step%を5に設定してください。

これはスナップする時の割合です。

10の場合は、45度の角度でスナップすることができませんので、5に設定しました。

Multi-Cut Snap Step

次の画は、MAYA2014のものです。

Multi-Cut Snap Step

スライスポイントを45度の角度で配置できるようになりました。

スライスしてみてください。

任意の位置で、RMB(右マウスボタン)をクリックしてください。

フェースをスライスすることができました。

MAYA2014の場合は、Enterキーを押してスライスしてください。

MAYA Multi-Cut

何度かスライスしてみてください。

MAYA Multi-Cut

いったんMulti-Cutを終了しようと思います。

MAYA2016の場合は、qキーを押してください。

MAYA2015以前では、tキーの後、qキーを押して終了してください。

終了したら、オブジェクトモードで選択してください。

任意の位置のフェースを選択してください。

Multi-Cutを実行して、スライスしてください。

Multi-Cutでフェースをスライス

このように、フェースを選択している部分だけスライスすることができました。

Multi-Cutでフェースをスライス

Multi-Cutを終了しようと思います。

MAYA2016の場合は、qキーを押してください。

MAYA2015以前では、tキーの後、qキーを押して終了してください。

終了したら、オブジェクトモードで選択してください。

ポリゴンフェースを分割する⑤ まとめ

スパッと分割する手順

Multi-Cutを使用してフェースをスライスする手順です。

Multi-Cutを実行してください。

LMBクリックして、2点のスライスポイントを作成してください。

後からでも、LMB、RMBで位置を編集できます。

frontビューやtopビューで水平、垂直にカットすることができます。

Shiftキーを押しながら使う練習をしてみてください。

Snap Step%を5に設定すると45度の角度でスライスできます。

今回はここまでです。

よくがんばりました。

お疲れさまでした。

もし、もっとまとめて学習を進めたいという人は、ご相談ください。家庭教師や事務所での研修も受け付けておりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK