Return to site

MAYA初級講座 ポリゴンを編集するメニュー⑨(Target Weld Tool①)

3DCGソフトMAYAを勉強しはじめた初心者を応援するブログです

· MAYA初級講座,ポリゴンを編集するメニュー

どうも秋山です。

明日はamazonのセールだ。余計なものは買わないようにしないと。ちょっとだ。ちょっと見るだけだ。

では、MAYAの学習を始めましょう!

Target Weld Tool①(離れているバーテックスをくっつける)

いつものように、Target Weld Toolというメニューについてノーヒントでさぐっていきましょう。

MAYA Target Weld Tool

Weldというのは、連結するという意味ですね。

メニュー名から予想すると、なにかをくっつけるっぽいですよね。でもなにをどうくっつけるんでしょうね。

とにかくいじってみましょう。

もうオブジェクトを出しましょうとか、なにを選択して実行しましょうとか書きませんよ。自分で考えていじってみてくださいね。

Target Weld Toolへのアクセスの仕方を書いておきますね。

UI上部のメニューからアクセスしてください。

Mesh Tools→Target Weld Tool (MAYA2015)
Mesh Tools→Target Weld (MAYA2016以降)

MAYA2014では、ModelingToolkitウィンドウのTarget Weldボタンを押してください。

MAYA Target Weld Tool

バーテックスを連結できるのかためしてみてください。

意味がわからないかもしれませんが、わからないなりにいじってみてください。失敗したっていいですよ。

これは、どういう機能なのか、どういうふうに使うのか考えてみてくださいね。

では、解説していきますので、一緒にいじっていきましょう。

後で他の人に教えるつもりで学習を進めてくださいね。

File→New Sceneを実行して、新規シーンにしてください。

ボーダーエッジを太線で表示する設定にしてください。

Create→Polygon Primitives→Planeを実行してください(pPlane1)

pPlane1を複製して、横に配置してください(pPlane2)

pPlane1とpPlane2を選択して、Mesh→Combineを実行してください。

1つのオブジェクトになりました。

Edit→Delete by Type→History(Alt+Shift+d)を実行して、ヒストリーを削除してください。

2つのPlaneは、離れたところにあるままですが、1つのオブジェクトとして存在しています。

MAYA Planes

まずは、Mergeを復習しようと思います。

次の画を参考にして、前回と同様に、バーテックスを2つスナップ移動してMergeしてください。

MAYA Merge

オブジェクトモードで選択してください。

Mesh Tools→Target Weld Tool (MAYA2015)
Mesh Tools→Target Weld (MAYA2016以降)

を実行してください。

MAYA2014では、ModelingToolkitウィンドウのTarget Weldボタンを押してください。

くっつけたいバーテックスのそばにカーソルを置いてください。

バーテックスが赤く強調表示されました。

MAYA Target Weld Tool

くっつけたいと思うバーテックスからバーテックスへLMBでドラッグしてください。

MAYA Target Weld Tool

バーテックスがくっつきました。

MAYA Target Weld Tool

となりのバーテックスもくっつけたいと思います。

もう一度、バーテックスからバーテックスへLMBでドラッグしてください。

MAYA Target Weld Tool

バーテックスがくっつきました。

隣り合うバーテックスがくっついたので、ボーダーエッジがくっついたことと同じです。

エッジが細い線になりました。

このことから、ボーダーではなくなった、つまりくっついたことがわかります。

MAYA Target Weld Tool

他の場所もどんどんくっつけてしまいましょう。

MAYA Target Weld Tool

次の画と同じ形にならなくてもいいです。

斜めになってもいいですし、やり直してもいいです。

Target Weld Toolを終了してください。

終了方法は以下です。

MAYA2016以降では、qキーを押してください。

MAYA2015以前では、tキーの後、qキーを押して終了してください。

MAYA Target Weld Tool

終了したら、オブジェクトモードで選択してください。

CBのINPUTS欄を確認してください。

ヒストリーがたくさんできています。

Edit→Delete by Type→History(Alt+Shift+d)を実行して、ヒストリーを削除してください。

MAYA Input Node

ポリゴンを編集するメニュー⑨ まとめ

Target Weldを使用して離れているバーテックスをくっつけるには

Mesh Tools→Target Weld Tool(MAYA2015)
Mesh Tools→Target Weld(MAYA2016以降)

を実行してください。

MAYA2014では、ModelingToolkitウィンドウのTarget Weldボタンを押してください。

くっつけたいと思うバーテックスからバーテックスへLMBでドラッグしてください。

この章で学んだことを、他の人に教えることができますか?教えることができるなら大丈夫です。

もし、そうでない場合は、もう一度復習しておいてくださいね。

今回はここまでです。

よくがんばりました。

お疲れさまでした。

もし、もっとまとめて学習を進めたいという人は、ご相談ください。家庭教師や事務所での研修も受け付けておりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK