Return to site

Maya初級講座 静止画作品制作「マカロンとお皿」⑭ お皿にマカロンを盛りつける

3DCGソフトMayaを勉強しはじめた初心者を応援するブログです

· MAYA初級講座,Maya2018,マカロン

どうも秋山です。

新一年生の最初の宿題は、リメンバー・ミー観るように!です。泣いちゃうんでハンカチも忘れずに!

では、Mayaの学習を始めましょう!

後で他の人に教えるつもりで学習を進めていくと効果的ですよ。

前回の続きです。今回は、お皿にマカロンを盛りつけようと思います。こんな感じになりますね。

Maya2018 Arnold RenderView

まずは、どのような流れで作っていくのか、この章の最後まで見てみてください。画像だけでもざっと見てみるといいですよ。

プロジェクトディレクトリーをセットする

File→Set Projectを実行して、macaron_projectにセットしてください。

dish_and_table_07.mbを開いてください。必ず、File→Open Sceneを実行して、開いてくださいね。

6キーを押して、テクスチャ表示にしてください。

Maya2018 dish_and_table_07.mb

お皿にマカロンを盛りつける

ワークスペースをリセットしようと思います。

Mayaの右上にあるWorkspace:というところ(ワークスペースセレクタ)でMaya Classicに設定してください。

さらに、その下のほうにあるReset Current Workspaceを実行してください。

ワークスペースをリセットすることができました。

Maya2018 Reset Current Workspace

今後、パースビューの表示は、以下のショートカットキーを使って必要に応じて切り替えて作業していってくださいね。

4キー(ワイヤーフレーム)

5キー(シェーディング)

6キー(テクスチャ)

7キー(ライティング)

UIの左にあるクイックレイアウトボタンの中の一番下のボタンを押して、Outlinerを表示してください。

もし、このボタンが無い場合は、Windows→Outlinerを実行してください。

Maya2018 Outliner

Outlinerを表示することができました。

Maya2018 Outliner

Outlinerで、aiAreaLight1、camera1、domeを選択してください。

Outlinerで複数選択する場合は、Ctrlキーを押しながらクリックしてください。

Maya2018 Outliner

Hキーを押して、選択したノードを非表示にしてください。

ライトなどは、マカロンを並べるときに邪魔になるので、いったん非表示にしました。

もし、再び表示したい場合は、Outlinerで選択して、もう一度Hキーを押してください。

Maya2018 Hide Objects

シーンにマカロンをインポートしようと思います。

File→Import □を実行して、オプションを表示してください。

クリックするのは、メニュー名の横にある□ですよ。気をつけてくださいね!

Maya2018 File→Import □

Import Optionsが表示されました。

Namespace Options欄のUse namespacesにチェックがある場合は、はずしてください。

Resolve:をClashing nodosに設定してください。

with:をthe file nameに設定してください。

Maya2018 Import

ウィンドウ下部にあるImportボタンを押してください。

macaron_02.mbをインポートしてください。

Maya2018 Import

macaron_grpをインポートすることができました。

マカロンは、お皿に少しもぐっていると思います。

Maya2018 Import macaron_grp

お皿の上に配置したり、適切な大きさに拡大、縮小してください。

注意!

動かしたり拡大、縮小するのは、macaroon_grpですからね。

macaroon_upperやmacaroon_lowerだけを移動しないでくださいね。

Maya2018 Import macaron_grp

同様の手順で、whippedCream_03.mbもインポートしてください。

お皿の上に配置したり、適切な大きさに拡大、縮小してください。

この段階では、盛りつけに時間をかけないでいいですよ。それは、また後でやりましょう。

maya2018 Import whippedCream

同様の手順で、bakedCookie_01.mbもインポートしてください。

maya2018 Importt bakedCookie

お皿の上に配置したり、適切な大きさに拡大、縮小してください。

maya2018 Importt bakedCookie

ためしにレンダリングしてみようと思います。

Outlinerで、aiAreaLight1、camera1、domeを選択してください。Outlinerで複数選択する場合は、Ctrlキーを押しながらクリックでしたね。

Maya2018 Outliner

Hキーを押して、選択したノードを表示してください。

Maya2018 Show Objects

Arnold→Arnold RenderViewを実行して、Arnold RenderViewを表示してください。

Maya2018 Arnold RenderView

camera1の視点でレンダリングしてください。

cameraShape1を選択できない場合は、一度レンダリングするんでしたね。

Maya2018 Arnold RenderView

レンダリングすることができました。

Maya2018 Arnold RenderView

パースビューで、macaron_grpの子供になっているノードを選択してください。

macaron_upperでもlowerでもどれでもいいです。

Maya2018 Select macaroon_upper

キーボードの↑キーを押してください。

macaron_grpを選択することができました。

このように、↑キーを使って上の階層のノードを選択することができるんですね。

Maya2018 Select macaroon_grp

macaron_grpを選択したら、Ctrlキー+Dキーを押して、複製してください。

Maya2018 Duplicate macaroon_grp

複製したマカロンのmacaron_upperとmacaron_lowerを選択してください。

aiStandardSurfaceをアサインしてください。

任意の色に設定したり、材質の設定をしてください。

Maya2018 aiStandardSurface

いくつ複製してもいいですし、同じ色のマカロンが複数あってもいいですよ。

複製したり、拡大、縮小したり、配置しなおしたりして、自由に盛りつけてください。

ただし、リアリティを損なわないようにしてくださいね。

maay2018 Move Macaron

camera1の視点で、レンダリングしてください。

Maya2018 Arnold RenderView

ノードを整理しようと思います。

Outlinerで、お菓子のノードを全て選択してください。

マカロンやうさぎなどのグループ化されているものは、そのグループノードを選択してください。

OutlinerでCtrlキーを押しながら複数選択してください。

Maya2018 Outliner

Ctrlキー+Gキーを押して、グループ化してください。

そのグループノード名をbakedGoods_allにリネームしてください。

Maya2018 Outliner

dish、table、dome、bakedGoods_allを選択してください。

Ctrlキー+Gキーを押して、グループ化してください。

そのグループノード名をmacaronScene_allにリネームしてください。

aiAreaLight1とcamera1は、また後で整理しますので、今は、このままでいいです。

Maya2018 Outliner

シーンデータを保存する

File→Save Scene Asを実行してください。

macaronScene_01.mbというファイルネームで保存してください。

静止画作品制作「マカロンとお皿」⑭ お皿にマカロンを盛りつける まとめ

お皿のシーンデータに、マカロンとホイップクリームとうさぎのクッキーをインポートしました。

マカロンやホイップクリームを複製して、配置しました。

お皿にマカロンなどを盛りつけました。

ノードをグループ化して、整理しました。

この章で学んだことを、他の人に教えることができますか?教えることができるなら大丈夫です。もし、そうでない場合は、もう一度復習しておいてくださいね。

今回はここまでです。

よくがんばりました。

もし、もっとまとめて学習を進めたいという人は、ご相談ください。家庭教師や事務所での研修も受け付けておりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK