Return to site

こんな上司、先生には要注意!

これからMAYAの勉強を始める人を応援するブログです

· 3DCGの学び方,CGの専門学校

どうも秋山です。

広背筋の筋肉痛がまだ残っています。痛みがもう少し引くまで背中のトレーニングはお休みです。

集中して勉強するとか、仕事でよい結果を出すには、リラックスして余裕をもって取り組むのが一番だと思います。

緊張や不安感などの後ろ向きの気持ちや思考が頭の中をぐるぐるとかけまわっている状態では、何をやってもうまくいきません。

私の場合は、一度そういった感情に振り回されてしまったら、なかなか冷静に考えることができなくなってしまうこともありますね。

学校の先生や会社の上司で、プレッシャーばかりかけてくる人はいませんか?

先生の場合だと、こんなことでは就職できないぞとか、単位あげないぞとか、こんなこともできないのか、知らないのかとか言ってくる人ですね。

上司の場合だと、自分のイライラを周りに聞こえるようにつぶやいたりして、感情のコントロールができない感じの人がいますね。

社会に出たら、プレッシャーやストレスはゼロではありませんし、それらと上手につきあっていかなければならないので、プレッシャーをかけるのも、ある意味必要なことではあると思います。

言い方を考慮したうえで、親心で意図的にそのようなことを言ってくる人はいるかもしれません。

でも、そこまで配慮して言ってくる人は少ないかもしれませんね。

そういう意図を説明した上で言う場合はまだいいのではないかと思います。

しかし、上の立場から相手を支配しようとする言葉を平気で投げかけてくる人には要注意だと思います。

いわゆるマウントポジションを取ってくるというやつですね。

私も授業では、プレッシャーをかけるようなことを言うことがあるのですが、なるべく意図を説明しながら言うようにしています。

でも、毎回その言い方の難しさを感じますね。

学生の受け取り方次第なので、クラス全員を納得させることはできていないかもしれません。

もし、皆さんの周りにプレッシャーをかけてきたり、マウントポジションを取ってこようとする人がいたら、とにかくそれに振り回されないようにしてください。

振り回されてしまうと、こちらの勉強や仕事に大きな影響が出てしまいますからね。

とにかく、そういう相手をスルーしてリラックスしましょう。

では、どうやってスルーしたらいいのかは、また次の機会に書きたいと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK