Return to site

コンディション作り②

これからMAYAの勉強を始める人を応援するブログです

· 3DCGの学び方,コンディション作り

どうも秋山です。

卒業した教え子とハンバーグを食べに行きました。うまかったです。

なかなか新しいことにチャレンジできなかったり、日々の勉強でさえなかなか始められなかった私は、これはいかんと思いたって、仕事や勉強に着手しやすくするためのコンディション作りということを考えるようになりました。

まずは、前回書いたように部屋の掃除をしました。

その次に手をつけたのが自分の体でした。

40代前半の当時、私の体重は90kg以上あったんですが、これをなんとかしようと思いました。

というのも、夜、寝ている時に息苦しくなって、ぜえぜえいいながら目を覚ますということが何度かあったんですね。

これは睡眠時無呼吸症候群というやつではないかと自分で勝手に判断しまして、このままだと、もう先は長くないなと思ったんです。

 

それだけでなく、血圧も高めだし、この肥満体形が集中力の無さや仕事に着手できない気質の元凶のひとつではないかと勝手に考えました。

 

ですから、なんの根拠もないんですが、いい仕事をするためにダイエットしようと思ったんですね。

私は、高校時代、大学時代、社会人時代とダイエットとリバウンドを繰り返してきた人生なんです。

ダイエットのプロと言っても過言ではありません(笑)

いやリバウンドしたらダメなんですけどね。

そこで、いろいろダイエットについて調べると、今は糖質制限がいいらしいということを知りました。特におじさんにはいいらしいと。

 

そこで、甘い物や炭水化物を食べないようにしてみました。

 

 

ミディアムレアのハンバーグです。ナイフいらずで、お箸で食べられます。うまかったです。最近は、ダイエットというよりは体作りのためにしっかり食べてます。

甘いもの大好きなので、我慢できるのか心配だったんですが、やってみたら意外とすんなりやめられたんですね。

甘いもの以外はしっかり食べてもいいというのが糖質制限ダイエットなので、空腹感を感じないで行えるのがよかったんだと思います。

それで数日続けてみたら、すぐに体重が減ったんですね。

それ以降は、体重計に乗るのが楽しくなって、続けられたんです。

楽しくなるとウォーキングもするようになりました。ちょっと前の駅で降りて歩いて帰ったりしてましたね。

2年くらい続けた結果、30kgくらいやせました。90kg台だったのが60kg台前半くらいまで落ちました。

その結果、睡眠時無呼吸症候群の症状はなくなって、夜にぐっすり眠れるようになったんです。

昼間の眠気があまりなくなるので、睡眠の質が仕事にものすごく影響することがわかりました。

ほんと睡眠は大事ですね。

でも、やせたのはいいのですが、筋トレをしてやせたわけではなかったので体はなんかたるんでるんですよね。

ダイエットは同時に筋トレもやらないとダメなんだということを後から知りました。

それで最近筋トレを始めたというわけなのです。

よい仕事をするうえで、自分を整えるということについて書いてきました。

部屋の整理とダイエットの次に私が注目したのは、気持ちの持っていき方、やる気についてです。

それはまた次回に書きたいと思います。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK