Return to site

Maya初級講座 静止画作品制作「マカロンとお皿」② お皿を作る

3DCGソフトMayaを勉強しはじめた初心者を応援するブログです

· MAYA初級講座,Maya2018,マカロン

どうも秋山です。

煮込みドーフうめ~です。

では、Mayaの学習を始めましょう!

後で他の人に教えるつもりで学習を進めていくと効果的ですよ。

今回は、お皿を作ろうと思います。こんな感じになりますね。

Maya2018 dish

プロジェクトディレクトリーをセットする

File→Set Projectを実行してください。

Maya2018 File→Set Project

Set projectが表示されました。

macaron_projectフォルダを選択してください。

Set projectの右下のSetボタンを押して、セットしてください。

Maya2018 File→Set Project

お皿を作る

お皿をモデリングしようと思います。

Create→Polygon Primitives→Cylinderを実行して、ポリゴンのシリンダーを作成してください(pCylinder1)

Maya2018 pCylinder1

Channel BoxでINPUTS欄のpolyCylinder1をクリックして、アトリビュートを表示してください。

Subdivision Capsを4に設定してください。

Maya2018 pCylinder1

下図のようになりました。

Maya2018 pCylinder1

polyCylinder1の上で、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Faceを実行して、Face選択モードにしてください。

polyCylinder1の上部のふた部分だけ残して、それ以外のフェースを選択してください。

Maya2018 pCylinder1

Deleteキーを押して、選択したフェースを削除してください。

Maya2018 pCylinder1

polyCylinder1の上で、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Object Modeを実行して、オブジェクト選択モードにしてください。

polyCylinder1をクリックして、オブジェクトモードで選択してください。

Maya2018 pCylinder1

Wキーを押して、マニピュレータを表示してください。

ピボットポイントが、元のpCylinder1の中央にあることを確認してください。

それは、シーンの原点でもあります。

Maya2018 pCylinder1

Modify→Center Pivotを実行して、ピボットポイントをオブジェクトの中央に移動してください。

Maya2018 Modify→Center Pivot

pCylinder1をXキーを押しながらスナップ移動して、原点に移動してください。

Maya2018 Move pCylinder1

インタフェースの右にある情報欄をChannel Boxといいます。

Channel Boxで、pCylinder1をdishにリネームしてください。

Maya2018 dish

Channel BoxでScaleX、Y、Zを5倍にしてください。

Channel Boxで同じ数値を入力する場合は、複数の行を一度に入力することができます。

ドラッグして、3行を選択してから5を入力してください。

Maya2018 dish

MayaのGridは、1マスが1cmです。

直径10cmのお皿にしました。

Maya2018 dish

dishの上で、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Edgeを実行して、エッジ選択モードにしてください。

Maya2018 Select Edges

ボーダーエッジ(はじっこのエッジ)の一つをWクリックしてください。

ボーダーエッジ全部を選択することができました。

Maya2018 Select Edges

ボーダーエッジを上に移動して、お皿っぽくしてください。

Maya2018 Move Edges

dishの上で、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Faceを実行して、フェース選択モードにしてください。

Maya2018 Select Face

全部のフェースを選択してください。

Maya2018 Select Face

Shiftキー+RMBを押して、マーキングメニューを表示してください。

Extrude Faceを実行してください。

Maya2018 Extrude Face

マニピュレータの青い矢印をドラッグして、フェースを押し出してください。

この時、フェースが向いている方向(上方)に押し出してください。

厚みは、自分が作りたいお皿の厚みにしてください。

もし、うまくできなかったら、Zキーを何回か押して、数手順もどってからやり直してください。

Maya2018 Extrude Face

お皿の厚みができました。

もし、フェースの向きと反対側(下方)に押し出してしまうと、下図のように黒くなってしまいます。

ポリゴンが裏向きになっている場合は、このように黒く表示されるんですね。

もし、黒くなってしまった場合も、Zキーを何回か押して、数手順もどってからやり直してください。

Maya2018 Extrude Face

Qキーを押して、通常の選択モードにしてください。

dishの上で、RMB(右マウスボタン)を押して、マーキングメニューを表示してください。

Object Modeを実行して、オブジェクト選択モードにしてください。

dishをクリックして、オブジェクトモードで選択してください。

Maya2018 Select dish

3キーを押して、スムースメッシュプレビューにしてください。

ポリゴンの並びがおかしくなっていませんか?

もし、おかしくなっている場合は、ポリゴンの並びがごにょごにょとなっていて、なんか変な感じになっていると思います。

もし、そうなっている場合は、初めからやり直したほうがいいですね。

Maya2018 Smooth Mesh Preview

もし、お皿の厚みをもう一度修正したい場合は、どうしたらよいでしょうか?

Extrudeのマニピュレータをもう一度表示して、押し出しを再調整しようと思います。

dishを選択したままで、Channel BoxのINPUTS欄でpolyExtrudeFace1の文字の部分をクリックしてください。

polyExtrudeFace1のアトリビュートが表示されました。

Maya2018 polyExtrudeFace1

Tキーを押してください。

Extrudeのマニピュレータが再表示されました。

dishの厚みを再調整してください。

Maya2018 polyExtrudeFace1

Modify→Freeze Transformationsを実行してください。

Maya2018 Freeze Transformations

Channel Boxの数値がリセットされました。

Maya2018 Freeze Transformations

Altキー+Shiftキー+Dキーを押してください。

Channel BoxのINPUT欄に表示されていたヒストリーが、無くなっていることを確認してください。

ヒストリーを削除することができました。

Maya2018 Delete History

下側は、見えないので作りません。これでよしとしましょう。

これで、お皿のモデリングが完成しました。

Maya2018 dish

シーンデータを保存する

File→Save Scene Asを実行してください。

Maya2018 File→Save Scene As

File name欄にdish_01と入力してください。

右下のSave Asボタンを押して、保存してください。

Maya2018 File→Save Scene As

静止画作品制作「マカロンとお皿」② お皿を作る まとめ

プロジェクトディレクトリーをmacaron_projectにセットしました。

Extrudeを使って、お皿をモデリングしました。

Modify→Freeze Transformationsを実行して、Channel Boxの数値をリセットしました。

Altキー+Shiftキー+Dキーを押して、ヒストリーを削除しました。

dish_01.mbというファイルネームで保存しました。

この章で学んだことを、他の人に教えることができますか?教えることができるなら大丈夫です。もし、そうでない場合は、もう一度復習しておいてくださいね。

今回はここまでです。

よくがんばりました。

もし、もっとまとめて学習を進めたいという人は、ご相談ください。家庭教師や事務所での研修も受け付けておりますよ。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK